•  やってみませんか毛利治郎ライブ 

      ●音響機器は持っていきます●チラシ、パンフ、チケットが必要であればこちらで作成します。●開催時間は朝でも午後でも夜でも結構です。●ギャラについては相談事ですが基本的には主催者の予算の範囲内で決めていただければ結構です。●お酒の席では唄いません。お酒はライブが終わってからお願いします。

      こんな感じでやっています。ぜひお気軽に声をかけてください。

    • 今後のライブ情報
    •  

       

       

      5月10日(金)「こっそりライブ ㏌ 周南」(周南市) PM8:00開演 カルチェラタン 1000円

       

      5月12日(日) 「野土花チャリティーフェスタ」ライブ13:00~ バザー14:00~ 光市木園自治会館 無料

       

      5月15日(水)「グラントワ春ライブ」(益田市) PM7:00~  グラントワ 当日1200円 ゲスト:佐々木愛

       

      5月16日(木)「花咲美ライブ」(山口市) PM2:00~ 花咲美ハウス 1000円

       

      5月19日(日)「三坂仁きり絵展 オープニングセレモニー」(周東町) PM1:00~ 周東パストラルホールロビー 無料

       

      5月23日(木)養護老人ホーム「久楽荘」訪問 毛利治郎&佐々木愛

       

      6月1日(土)光年金受給者協会 総会(光市) 光市民ホール

       

      6月2日(日)「酒津ホタルライブ」(岡山県倉敷市) PM4:30~ 旧原田邸 1800円(ケーキ・ドリンク付)

       

       

       

      2020年6月28日(日) 西連寺法要(岩国市)

       

       

       

       

       

5月5日 玉泉寺花まつり

昨日は光市にある玉泉寺さんの花まつりで歌わせていただきました。

お寺っていいですね。

何となく心が清められる気がします。

この日は天気も良くお接待もたくさんあり、お参りに来られた方も楽しんで帰られたと思います。

ここの花まつりに呼んでもらうのは3年連続3回目であります。

このお寺の坊守さんが元タカラジェンヌで、3年前に光市民ホールであったチャリティーコンサートで初めてお会いして以来、

不思議なご縁が続いているのです。

出会っただけでご縁ができるとは限りません。

たまたま共通した知人の方が、間を取り持ってくださってお寺で歌わせていただくようになりました。

有難い事です。

aa1

 

 

5月4日 新南陽ゴルフフェスティバル

13年歌っていますが、こういう唄う場は初めてでした。

周南市の徳山国際ゴルフクラブで行われた「新南陽ゴルフフェスティバル」というコンペで、

ラウンドを終えた選手たちが順次表彰式のためにレストランに来るのですが、全員がそろうのには2時間ぐらいかかるのです。

その間、歌を唄ってくれという要望でした。

とても難しいライブでありましたが、

お客様が紳士的に反応してくれて、何とかやれました。

やっぱりゴルフは紳士のスポーツでした。

「来年もぜひ」といううれしい言葉をもらって帰ることが出来ましたが、

家に着くとドっと疲れが出ました。

それではもう寝ます。

aa1

 

4月29日 善徳寺初参式(岩国市)

この日は地元周東町祖生の善徳寺さんの初参式で歌わせていただきました。

子どもさんが初めてお寺さんへ参る式典ですが、

子どもは自由でいいですね。大人が何をしていようが、

動きたいときに動き、泣きたいときに泣くのですね。

その無垢な自由さに大人も笑うしかありません。

8年ぶりに善徳寺さんで歌わせていただきましたが、

本堂が新しく建て替わり、とてもきれいでした。

お寺さんに来ると何となくピリッとし、

心が清められるような気になります。

aa1

aa2

4月28日 旧共和中学校同窓会ライブ(岡山県井原市)

28日は岡山県井原市に行きました。

井原市の山里にあった旧共和中学校昭和44年度卒の同窓会で「まえふりライブ」をさせていただきました。

皆さん「○○ちゃん」「××君」で呼び合って強いきずなを感じました。

小中学校はマンモス校より、もう廃校になっているような小規模の学校の方がいいですね。

皆さんすぐに学校時代に帰るんですね。

岡山県井原市までの日帰りでしたが、山里への旅は良いですね。

aa2

4月23日 エムズカフェ「にっこりライブ」(岩国市祖生)

昨日は地元岩国市周東町祖生のお店”エムズカフェ”で3か月に一度の「にっこりライブ」でした。

”地元”を感じながら出来るライブはここだけであります。

お店の人もお客様もほとんど以前から知っている方々です。

長いお付き合いから湧き上がる暖かい雰囲気と”全部ばれている”という厳しさを感じながら

毎回必死であります。

それでもライブがいろんな方々が集う憩いの場であり、明日からまた頑張ろう!という気持ちになる場となれば幸いであります。

”にっこりライブ”とはいいネーミングですね。

それぞれの気持ちでにっこりなっていただきたいです。もちろん私もにっこりなります。

aa1