•  やってみませんか毛利治郎ライブ 

      ●音響機器は持っていきます●チラシ、パンフ、チケットが必要であればこちらで作成します。●開催時間は朝でも午後でも夜でも結構です。●ギャラについては相談事ですが基本的には主催者の予算の範囲内で決めていただければ結構です。●お酒の席では唄いません。お酒はライブが終わってからお願いします。

      こんな感じでやっています。ぜひお気軽に声をかけてください。

       

    • 今後のライブ情報
        • 8月5日(土) 浄讃寺 盂蘭盆会・戦没者追悼法要 (岩国市周東町祖生)会場:浄讃寺本堂  午前9時~ 無料
        • 8月6日(日) 「第8回 8・6平和のつどい in 折居」(島根県浜田市)会場:JR折居駅横:保険工房たなか(旧凡人塾)  無料
        • 8月11日(金) 定期ライブ「こっそりライブ in 周南」 (周南市)会場:カルチェラタン  PM8:00開演 1000円(1ドリンク付き)
        • 8月14日(月) 「匹見こいこい夏祭り」 (島根県益田市)会場:匹見総合支所駐車場
        • 8月17日(木) 「花咲美ライブ」 (山口市)会場:花咲美ハウス PM2:00開演 1000円
        • 8月22日(火) 「人権セミナー」 (周南市)会場:東福祉館 講堂  14:10~ 無料
        • 8月23日(水) 定期ライブ「こっそりライブ in 柳井」 (柳井市)会場:アクティブやない2F  PM7:00開演 999円
        • 8月27日(日)  「矢原 地蔵講」 (浜田市)会場:矢原自治会館  9:00~ 無料

8月5日 浄讃寺 盂蘭盆会・戦没者追悼法要

aa1

8月5日は地元のお寺、浄讃寺で唄いました。毎年この時期に行われる「盂蘭盆会・戦没者追悼法要」です。日ごろは戦争や平和について特別に考える事もないのですが、毎年7月後半からお盆までは自分なりに意識して考えるようにしています。

緑に囲まれたのんびりしている私の住んでいる地域ですが、戦争のときは大変だったことを今は知っています。

本堂には戦没者のお名前は貼られて、みなさんもそれぞれの思いを巡らせておられるようでした。

7月28日 やすらぎライブ

aa1

7月28日は島根県浜田市の介護老人保健施設「夕陽ヶ丘」で「やすらぎライブ」をさせていただきました。

ご高齢の方々との楽しいひと時は、私自身にとっても大変有意義な事です。

言わば”未来の自分”との遭遇です。

若い人と話すことは”過去の自分”と合っているような気がします。

過去より未来の方が興味があります。

この日もいろんな方から声をかけていただきました。

あるおばあちゃんから「アイラブユー」

あるおじいちゃんからは塗り絵をいただきました。

私がもし10年後に生きていたら、きっと頑固爺になっているでしょう。

 

 

 

エッセイ「この道」2017年8月

aa2

「大事なのは変わってくこと、変わらずにいること」

槇原敬之氏のうた「遠く遠く」のフレーズです。土曜日の朝BSで見る「ひょっこ」の後の番組のテーマソングで、チャンネルを変えるまでに自然に耳に入ってきます。

私はこのフレーズしか知らないのですが、何か心にじ~んと来るものがあります。なにが変わらなければいけない事で、何が変わってはいけないのか、音楽活動を始めていつも自問自答してきた事です。初めての事が多く、どうしていいかわからない事も沢山ありました。自分の言動が人を傷つけた事もあったと思います。自分の中にある我欲に負けた事がないとは言いません。悩んだり反省したり納得したり自信を持ったりしながら今日までやってきました。多くの方々から自分の探している答えの欠片を少しずついただき、今は以前ほど迷う事がなくなりました。自分なりの答えでしかないのですが、11年間音楽活動が出来ているという事はこれまでの歩みに大きな間違いはなかったのではないかと思うこの頃であります。

私達は毎日たくさんの“判断”をしながら暮らしています。その判断の根拠となるものがその人の価値観であり人生観から生まれた“ポリシー“だと思うのです。しかしながらそのポリシーに沿って判断する事はそう簡単な事ではありません。

”ポリシー“と”現実“が相反する事は多いのです。そして”現実“に味方をするのが欲望や見栄や劣等感、決断力の無さ、目の前の損得などで、その力は強力です。そしてこうした”現実“を優先して動くと、目先の小さな満足は得られる事が多いのです。その小さな満足感が、ポリシーの通りに動かなかった事への言い訳として「ほら、やっぱりこれで良かったんだ」と無理やり思わそうとするのです。しかしその満足感は長続きせずやがて空しさや後悔に変わってゆきます。そんな経験は私にも数えきれないほどありますが”人生なんてそんなものだ“とは私はどうしても思えません。もっと納得のいく人生が送れるはずです。

言葉では堂々とポリシーを語るのですが実際の行動は現実の奴隷になる危険は毎日のようにあります。人生は本当に自分との戦いですね。私は時として変人や頑固者と言われますが、”迷った時はポリシーに従う“事を大切にして、目の前の小さな満足にとらわれることなく、言葉も行動も自分の信念から出てきた答えに従いたいと思います。

”変わらなければいけない事“”絶対に変わってはいけない事“、それが何なのか少しずつ分かってきました。今後も自分のポリシーを大切にして「悔いの無い人生」につなげてゆきたいと思っています。

 

今年も届いた「笑顔かぼちゃ」

aa1

広島県庄原市のお世話になっている方から今年も「笑顔かぼちゃ」が届きました。

「魂の唄 響け!」と彫ってありました。

きっとかぼちゃがまだ小さい時に文字を掘るんだろうなあと思います。

私の事を気に留めていただいていることに感謝します。

この方は里山で暮らす素晴らしさを発信し続けておられる方です。

私も同じ民族ではありますが、この方の方がずいぶん先を歩かれて、いや走られています。

 

7月24日 引っ越しの手伝い

aa1

この日は島根県の浜田市で友人の引越しの手伝いをしようと朝早く起きて現地に向かったのですが、

着いた頃にはほぼ終わっていました。椅子を2つだけ運びました。いろんな方々が家のリフォームや家具の移動などをされていたのですが、みんな手際がいいです。

重いものが持てず、何をやっても要領が悪い、やっぱり私は”お坊ちゃま君”だと思いました。

インパクトドライバーという工具を使わせてもらったのですが、他の人が簡単にやる事が僕にはできないのです。

もっと”生きる力”をつけなければと感じました。

ほとんどなにも手伝わずに、昼飯を食って、「瑞風」が通るというのでそれを見て帰りました。